顎変形症治療記録【歯列矯正】⑩

※本記事は口の中の写真が御座いますのでご注意下さい。

私は以前、「顎変形症」と診断され、治療を続けています。

顎変形症については下記記事をご参照ください。

–>>顎変形症と診断されて2年半経過しました。

 

前回の記事↓

–>> 顎変形症治療記録【歯列矯正】⑨

 

今回の治療

今回も上の歯のパワーチェーンの付け替えのみとなりました。

今回はなぜかすごい痛いです。

パワーチェーンを付け替えてから、当日~2日目と経過していますが、食べ物をろくに食べられないほどの痛みです。

この痛みは久しぶりですね。(矯正装置を初めて装着して以来の痛みかも。)

 

調べてみたら、歯の動きというのは「停滞期」と「活動期」を交互に繰り返しているとのこと。

 

「停滞期」というのは文字通り、歯が動かない状態です。

「活動期」は逆に歯が急激に動く期間を指します。

 

基本的に歯が動くときには、破骨細胞の働きがあります。

詳しいことはわかりませんが、この破骨細胞によって、骨の吸収骨の形成を繰り返し歯を動かしていきます。

 

骨を吸収した分だけ歯は動き(活動期)、また、骨を吸収するためには時間を要するとのこと。(停滞期

 

おそらく、この強烈な痛みは活動期に生じるものかもしれません。(あくまで予想ですが。)

歯が動いていることは喜ばしいことですが、食べ物をおいしくいただけないのがつらいです。。

 

一刻も早く歯列矯正を終わらせて元の生活に戻りたいです。

 

今回治療費:¥1,850

合計治療費:¥87,650

治療開始から1,090日経過

–>> 顎変形症治療記録【歯列矯正】⑪

–>> 顎変形症治療記録【歯列矯正】⑨

 

歯列矯正中の口内ケアはジェットウォッシャーがおすすめ!
私はパナソニックのドルツを愛用しています。↓