顎変形症治療記録【歯列矯正】⑫

※本記事は口の中の写真が御座いますのでご注意下さい。

私は以前、「顎変形症」と診断され、治療を続けています。

顎変形症については下記記事をご参照ください。

–>>顎変形症と診断されて2年半経過しました。

 

前回の記事↓

–>> 顎変形症治療記録【歯列矯正】⑪

 

今回の治療

毎度のことながら、約一ヶ月に一回の調整へ行ってきました。

今回は上の歯のパワーチェーンの付け替えと、ワイヤーが太いものへと変更になりました。

 

細いワイヤーのほうが歯の動きは良いとのことですが、たわむことで他の歯にも影響がでるらしいです。

そのため、若干歯の動きは鈍くなりますが、太いワイヤーへと変更になりました。

左側(写真では右)の隙間を埋めるのみとなりましたので、術前矯正はもうそろそろ終了です。

しかし、右側の隙間がなかなか埋まりません。

よく噛む側ですので、恐らくそれが歯の動きを鈍くしているのでしょう。

なるべく意識して噛む側を変える必要がありそうです。

 

早く手術を受けてこの受け口ともおさらばしたいです。

直近の目標は手術を受けることですが、いち早くこのブラケットから開放されたいのが切実な願いです。。

 

今回治療費:¥850

合計治療費:¥90,350

治療開始から1,124日経過

–>> 顎変形症治療記録【術前矯正】⑬

–>> 顎変形症治療記録【術前矯正】⑪

 

歯列矯正中の口内ケアはジェットウォッシャーがおすすめ!
私はパナソニックのドルツを愛用しています。↓