減配の日産自動車から配当金

どうもメーカー営業マンです。

日産自動車から、減配前の最後の配当金が入金されました。

日産自動車は5月14日の決算発表で、前期比57%減、更に2020年3月期も46%減の見通しになることを発表した訳ですが、↓

-日産自動車決算-

日産自動車は昨日の大引け後(17時30分ごろ)に決算を発表しました。

19年3月期の連結最終利益は前期比57.3%減の3191億円になり、20年3月期も前期比46.7%減の1700億円に落ち込む見通しとなることを発表。

更に、今期の年間配当を前期比17円減(前期57円)の40円となる減配を発表しました。

加えて前期比17円減の40円となる減配を発表したんですね。

そして今回、減配前の最後の配当金が入金されました。

日産自動車【7201】

保有株式数:500株(配当権利400株)

1株あたり配当金:28.5円(2019年3月期)

合計配当金:11,400円(税引前)

受取配当金:9,084円(税引後)

どうなることかと心配でしたが、ちゃんと予想配当金通り入金されていてよかったです。

大幅な含み損を抱え中ですが・・・。

先日の減配発表時に記事でも書きましたが、私の塩漬け銘柄の一つに仲間入りとなりました。

–>> 日産自動車【7201】減配!塩漬け確定

ちなみに、下落をした日産株を下値(730円@100株)でナンピン買いしています。

もはやここまで来ると逆に愛着が湧いてきますね。一生ホールドしていく覚悟です(笑)

 

日本では日産車はあまり人気がないイメージがありますが、海外では普通に乗られているようです。

特に日産リーフ(電気自動車)が人気なようで、Google本社の駐車場には日産リーフがずらりと並んでいるんだとか。

今後の日産の逆襲に期待を込め、配当を享受しながら日本のモノづくりを応援していければと思います。