一部上場メーカー営業マン2年目の年収を公開

どうもメーカー営業マンです。

私は1年目の年収、また、2年目の給与及び昇給額をブログで公開しています。

一連の公開情報は下記記事をご参照ください。

–>> メーカー営業マン1年目の年収を公開します。

–>> メーカー営業マン2年目の昇給額を公開

–>> メーカー営業マン2年目の給与を公開します。

 

その他にも、ボーナスの金額も公開しています。もはや丸裸ですね。

気になったら覗いてみてください。

–>> 大手メーカー営業マン、夏のボーナス公開。2年目24歳はいくら貰ってる?

–>> 大手メーカー営業マン、冬のボーナス公開(社会人2年目)

さて今回は2年目の年収を公開していきます。

私の基本スペック

まずは私の基本スペックから。

<基本スペック>

メーカー営業マン

東証一部上場メーカー勤務の営業マン

都内勤務/24歳/新卒3年目(2017年卒)

個人情報の観点から、これ以上の情報は公表できません。

あくまでにご参考までに。

一部上場メーカー営業マン2年目の年収は?

さて本題にはいります。

早速ですが、2018年4月~2019年3月までの給与の合計は、

4,933,059円(額面)でした。(前年比+45%)

上記金額はあくまでも額面上ですので、税金等を引くと大幅に下がります。(税引後は面倒なので計算していません)

この金額に配当金やブログなどの副収入を含めると、年収500万円を超えることになります。

意外と貰っていて正直驚きました。なんとなく感覚では450万円くらいかなぁと思っていたので。

予想より50万円多い結果となりました。

年収の50%を資産運用に

2019年3月時点では、総資産480万円であり、前年同期比+250万円でした。

–>> 2019年3月末の資産状況

この結果から、年収の約51%を資産運用に充てることができました。

貯蓄率という言葉があまり好きではありませんが、(厳密には貯蓄ではないため)貯蓄率51%という結果となった訳です。

しかもこの数字、税引前の年収です。税引後からすると割合は更に高くなるでしょう。

前年比+45%という結果に

1年目の年収は約340万円でしたので、前年比+45%という結果でした。

–>> メーカー営業マン1年目の年収を公開します。

この調子で年収が上がっていけばいいのですが、もちろんそうはいきません。

1年目は6ヶ月間仮採用の期間でしたので、給与が本給(+その他手当)のみでした。

2年目と比較すると給与は低かったんですね。

本採用となり、手当が増え、まるまる1年間分の給与が今回の結果となった訳です。

昇給率は平均2.3%

経団連が公表している資料では、昇給率の平均は2.3%と言われています。

このデータをもとにすると3年目は微増といったところでしょうか。期待しないでいましょう。

ちなみに、1年目から2年目にかけての昇給額は7,200円でした。

–>> メーカー営業マン2年目の昇給額を公開


<追記>

3年目の昇給額は8,000円でした!

予想より全然多くてビビりました。

–>> メーカー営業マン3年目の昇給額公開


記事を書いていて思いましたが、やはりサラリーマンでの給与収入には限界があります。

毎日せっせと働いて、年間でたったの2.3%しか給与が上がっていきません。

これでは資産を築いていくには時間がかかりすぎますね。

やはり、資産を加速的に増加させるには、「投資」もしくは「副業」というのが一番手っ取り早く比較的安全な方法であると思います。

 

引き続き、私は高配当株式投資を愚直に実施していき、雪だるま式に資産を増加させていきます。

 

「複利の力」をシミュレーションしてみました。

単純に貯蓄した場合と配当再投資での違いをシミュレーションしています。

 

Enjoy your investment Life!!