ワイヤレスマウスのダブルクリック(チャタリング)解消する方法

2019年9月16日

どうもメーカー営業マンです。

突然ですが、皆さんワイヤレスマウスを使ってますか?

私はプライベートでも仕事でもワイヤレスマウスを使用しています。

ケーブルからの煩わしさから開放されて、作業効率もアップしますしね。

ただ、最近なんだかワイヤレスマウスの調子が悪い。

シングルクリックしたはずが、勝手にダブルクリックされてしまう・・・。

そんなことありませんか?

この現象、めちゃくちゃ作業効率がダウンするんです。そしてストレスも溜まりますよね。

これはマウスの寿命ではなく(その可能性もありますが)、ある方法で解消できる可能性があるんです。

今回はその方法を自分の忘備録として記事にします。

ワイヤレスマウスのダブルクリック(チャタリング)解消する方法

まず、ダブルクリックされてしまう現象は、「チャタリング」って言うんですね。

チャタリング (英: chatteringContact bouncechatter) とは、可動接点などが接触状態になる際に、微細な非常に速い機械的振動を起こす現象のことである。原義は、そのような振動により音を立てる(英: chatter)という意味から。弱電を扱うスイッチやリレーが接続状態になる時に起こるその現象や、車両のブレーキング時になどに発生する振動を指す。また離れる時もきれいに一回で離れるとは限らない。またそれによって発生する不安定な信号や、それによって引き起こされる電子機器の現象(特に、誤動作)なども指すことがある。

引用元:Wikipedia

マウスでいうと、クリックの可動接点がなんらかの原因で機械的振動を起こし、それがダブルクリックとしてパソコンが認識してしまうってことなんです。

さて、それを解消するにはどうしたらいいのでしょうか?

原因その1.静電気

チャタリングの原因の1つとして、静電気が考えられます。

マウスを使用していると、少しづつ内部に静電気が溜まっていくんですね。

それがチャタリングの原因となってしまう訳。

解消法

これを解消するには、まず、マウスの電池を抜いて、右クリック、左クリックを10秒間程度連打してみてください。

そうすることで、マウス内部の静電気が放電されて、正常な動きになるはずです。

 

ちなみに私はこの方法でチャタリングは解消されました。

原因その2.部品劣化

2つめの原因として、マウスの部品劣化が考えられます。

この場合は、マウスの買い替えが最有力ではありますが、フリーソフトを使うことで解消できる可能性があるんです。

解消法

フリーソフト「ChatteringCanceler」を使用する。

ChatteringCancelerのダウンロード

 Vector ダウンロードページ

※2種類ありますが、上の2.2β2をダウンロードします。

 

使い方はめちゃくちゃ簡単です。ZIPファイルを解凍して「ChatteringCanceler.exe」を起動。

「ボタン監視設定」から監視の種類を選択して、あとは時間を入力するだけ。

監視の種類や時間はマウスの状態によって変わるので、いろいろいじってみて、最適な条件を見つけてください。

詳しい使い方は各自ググってください。(雑ですみません。)

まとめ

なんだか最近ワイヤレスマウスの調子が悪いなって方は、買い替える前に上記方法を試してみてください。

私は静電気除去の方法で解消しました。これで作業効率のダウンとストレスから開放されました。笑

費用がかからず、解消できる可能性があるので、試行錯誤してみてはいかがでしょうか。