【プレゼン時に】乱雑したデスクトップアイコンを一瞬で消す方法

どうもメーカー営業マンです。

突然ですが皆さん、デスクトップを綺麗にしていますか?

私は意識して綺麗に整理整頓しています。

あくまで私個人の印象ですが、デスクトップが汚い人は仕事ができないイメージです。

さて今回はそんな汚いデスクトップの人でも一瞬で綺麗にできる方法を記事にします。

例えばプレゼンのときなど、
予期せずデスクトップを晒さざるえないときなどに有効的です。

プレゼンの最中に誤ってデスクトップを表示してしまって、
きったねー、ってことにならないように気をつけましょう。

デスクトップは綺麗に

身の回りを整理ももちろんですが、まずは中身から、
そう、デスクトップから綺麗にしていきましょうよ!

まずは私のデスクトップを見ていただきましょう。

うん、シンプル! 比較的綺麗にまとまっているのではないかと自負しています。

中にはアイコン1個だけとか、下手したらアイコン無しとかの猛者もいますが、
アイコン少なすぎるのもなんとなく味気ないので少なからずあります。

(見せられないアイコンは工○ファイルではありませんよ?)

乱雑したデスクトップアイコンを一瞬で消す方法

さて、アイコンを一瞬で消す方法です。めちゃくちゃ簡単です。

デスクトップで右クリック、
「表示」→「デスクトップアイコンの表示」のチェックを外すだけ。

一瞬で綺麗になりました♪

これであれば、デスクトップに保存しておいた工○画像も見つかることはありません。
こりゃ安心だ。

もとに戻したいときはその逆をやるだけです。(デスクトップアイコンの表示にチェックを入れる)

 

Windowsの標準機能なのですが、意外と使っていない人も多いのではないでしょうか。

意外にも、Windowsは痒いところに手が届く機能が含まれているんですね。

これ以外も地味に便利な機能はたくさんあるんですよ。

例えば「付箋」なんかもその代表例ですよね。

デスクトップ画面に付箋を貼ることができます。

簡易的なメモ代わりや、To Doリストの代わりとしても使えます。

私は今日やるべきこと、今週中にやるべきこと、長期的な案件、で色分けして付箋を使用しています。

付箋の色を変えられるところも地味に便利なところですね。

Windowsにはこうした”地味な標準機能”が意外にもたくさんあります。

Windowsユーザーの皆さんも使い倒してみてください。

あわせて読みたい