【2021年1月】社会人4年目26歳(男)の家計簿

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

2021年に入り、はや1ヶ月半経過しました。

先月分の家計簿をまとめていきます。

【2021年1月】社会人4年目26歳(男)の家計簿

収支について

最初に収支について見ていきます。

2020年12月の収支は以下の通りとなりました。

給与   :¥253,437(手取り)
その他収入:¥64,445
支出   :▲¥136,592
収支   :¥181,290

 

2021年1月は約18万円の黒字となりました。

12月の支出が約18万円でしたので、それと比較すると支出は抑えられたのかなと思います。

個人的にはそこまで節約している意識はなく、もはや染み付いているような感覚ですが、まだまだ支出は抑えられるような気がします。

あまり自分の首を締めては元も子もないですから、ゆるーく支出の最適化(節約)を実施している感じです。

支出内訳

次に支出の内訳を見ていきます。

※()前月比

  • 住居/通信    :¥61,975 (-0.7%)
  • 食費       :¥25,787 (-43.6%)
  • スーパー/コンビニ:¥13,007 (+259.5%)
  • 生活用品     :¥11,970 (-4.2%)
  • 交通/車     :¥8,903   (-1.4%)
  • 両親       :¥5,000   (-)
  • 医療費      :¥3,950   (-64.1%)
  • その他      :¥6,000   (-)

合計:¥136,592

前月比では食費が減少し、その分スーパーやコンビニで購入する費用が増加しました。

先月は飲み会が多数ありましたのでその費用に3万円くらい使ってました。やっぱり飲み会の費用は馬鹿になりませんね。

ただ、たまにはそういうお金の使い方をしてもいいんじゃないかと思います。

お金は使ってなんぼです。メリハリのあるお金の使い方が大事なような気がします。

住居/通信(¥61,975)

内訳としては以下の通りです。

  • 家賃:¥55,000
  • 電気代(オール電化):¥6,975

電気代が予想以上にかかりました。

さすがに寒いですから、暖房費に結構電気が掛かったようです。

食費/スーパー/コンビニ(¥38,794)

外食+自炊用にスーパーで購入した食材などの合算金額です。

おおよそ平均が4万円くらいですので、なんとか平均以下に抑えられました。

節約において食費を抑えることで大きな支出低減に繋がりますが、過度な節約は厳禁です。特に食費においては。

以前は毎日もやしチャレンジと称して、1ヶ月もやし生活をやったことがありますが、体重5kg減で身体を壊しました(笑)

食事はしっかり良いもの、栄養のあるものを摂りましょう。

自炊を多くするなど、工夫をして支出を減らすことが重要です。

交通/車(¥8,903)

交通費は彼女に家に行ったりしていることで掛かる費用がほとんどです。

だいたい月で9千円くらいは掛かっていますね。

これは流石に削ることができない費用ですので仕方のない部分ではあります。

その他(¥6,000)

その他として、姉の子供にお年玉を上げた費用が合算されます。

小学生と小学生以下の2人の子供がいますので、3千円×2人で6千円のお年玉をあげました。

やっぱり子供は可愛いですね。

副収入について

2021年1月は約6.5万円の副収入でした。

内訳としてはブログ収入、配当収入、アンケートサイト、ポイ活、他副業からの収入です。

一つの収入源でたくさん稼ぐのは難しいですが、こうして他収入源と合わせることで大きな収入源となり得ます。

こうして各収入源を少しずつ太くしていき、本業収入を超えることができれば、更に資産形成を加速することができるのではないかと思います。

引き続き株式投資+倹約+副業をコアに、資産増大に努めていければと思います。

 

目指すところはお金の柵がない生活を目指す「Fuck You Money」それだけです。

 

Enjoy!! your investment Life!!

↓応援クリック励みになります!!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。

あわせて読みたい