【Windows10】バックグラウンドで実行しているアプリ停止!動作を軽くする方法

2020年5月14日

動作が重い

最近Windows10にアップグレードしたらパソコンの動作が重くなりました。

具体的にはChrome開くと多少カクつくようになりました。

 

調べてみたら、どうやらバックグラウンドで実行しているアプリがメモリを消費して動作を重くしているらしい。

こういった無駄なメモリ消費は無駄な電力消費へと繋がりますので、ノートパソコンをお使いの場合は大きな効果をもたらすはずです。

 

今回はその原因であるバックグラウンドで実行しているアプリを停止する方法を書いていきます。

Windows10でバックグラウンドで動作しているアプリを停止する方法

方法といってもやり方はいたって簡単です。

設定を開いてボタンを押すだけですから。

①まずはWindowsのスタートボタンから、「設定」を開きます。

②設定画面が開いたら「プライバシー」をクリックします。

③プライバシー画面から、左側メニューを下へスクロールすると、「バックグラウンドアプリ」項目がありますのでそれをクリックします。

④バックグラウンドアプリの画面がでてきます。
この画面からバックグラウンドで動作するアプリを停止することができます。

個別で各々停止するのもいいですし、赤枠で囲った部分をオフにすることですべてのバックグラウンドアプリを一括で停止できます。
ちなみに私はすべて停止しました。

こんな感じですべてのバックグラウンドアプリを停止しました。

動作は一目瞭然。一気に軽快動作するようになりました。

 

たったこれだけの操作で大きな効果をもたらします。
バックグラウンドで動作しているアプリは基本的に無駄なアプリですので、特に支障はございません。

 

ぜひ、試してみてください。

あわせて読みたい