2018年の株式売買損益を公開します

2019年2月4日

どうもメーカー営業マンです。

私の投資スタンスとしては、基本バイ&ホールドですが、利益がのったらたまに売却しています。(米国株はバイ&ホールドのスタンスです。)

主に日本株の売買記録となりますが、2018年での売買損益をまとめていきます。

2018年株式売買損益まとめ

日付 銘柄 株数 損益
1月4日 オプトラン(6235) 100株 11,230
3月23日 日経ダブルインバース上場投信(1357) 400株 -34,961
6月19日 KeyHolder(4712) 800株 50,287
7月19日 みずほFG(8411) 300株 7,183
9月3日 フィンテックグローバル(8789) 2,000株 93,730
9月20日 オリックス(8591) 100株 987
11月14日 イマジニア(4644) 100株 403
11月26日 ディア・ライフ(3245) 100株 1,403
12月7日 すかいらーくHD(3197) 200株 74,370
合計 204,632

年間合計損益は、+204,632円(税引前)でした。

税引後では、163,061円となりました。

税金で20.315%もっていかれるのはやっぱり結構痛手ですね。

2018年に受け取った配当金・分配金は55,705円(税引後)でしたので、年間合計利益は+218,766円です。

–>> 2018年総受取配当金・分配金(実績)

なんだかんだ給料一ヶ月分くらいの金額になりました。

極端に考えれば、一ヶ月は働かずに生活できることとなりました。

かなり大きな金額ですね。

 

安定的に毎年利益をあげられればいいのですが、なかなか簡単にはいきません。

2018年はKeyHolderフィンテックグローバルの暴騰があり、利益を積み上げることができましたが、2019年は難しいかもしれませんね。

また、2019年は配当金の上積みに力を入れていこうと考えています。

今後もサラリーマンの強みである「給与」を徹底的に高配当株に充て、資産増大を図り経済的自由を目指します。

 

あわせて読みたい

20代メーカー営業マンが資産運用を始めてみた
1970.01.01
20代メーカー営業マンが資産運用を始めてみた
26歳(独身)社会人4年目、年収550万、自由で快適な生活を求めて資産運用を始めてみました。