イマジニアを売却【4644】

2020年5月13日

どうもメーカー営業マンです。

以前購入したイマジニアを売却しました。

イマジニア【4644】を売却


イマジニア【4644】
株数  :100株
取得単価:947円
売却単価:951.03円
売買損益:+403円

保有していたイマジニアの株式すべてを(といっても100株)売却しました。

ほぼ買値で売却。微益でフィニッシュです。

売却理由

今回、売却に至って理由としては、単純に株価が上がらなかったから。笑

イマジニア 1年チャート 出所:Yahoo!ファイナンス

一時は1,200円近くまで上昇した株価ですが、下落を続け、ついに1,000円を割っていました。

株価が950になったとき、配当利回りが2%後半と高く、貸株金利も3%あったため購入。

しかし、更に株価は下落し、一時は900円を割りました。

 

ここ最近になってようやく値を戻しましたが、貸株金利が2%と下がってしまったため、今回売却しました。

他の高配当株に資金をまわしたほうが効率的というのももちろんあります。

イマジニアとは

社名 イマジニア株式会社(英訳名:Imagineer Co., Ltd.)
所在地 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル15階
設立年  1986年1月27日
代表者 代表取締役会長兼CEO 神蔵孝之
資本金 26億6,900万円
従業員数 連結105名(2019年9月30日現在)
事業内容 コンテンツ事業(キャラクター、教育、ゲーム など)
商品企画並びにセールスプロモーション
海外へのコンテンツ提供          他

出所:イマジニア株式会社 公式HP

イマジニアってなんぞや?って最初思うのではないでしょうか。

イマジニアはコンテンツ提供会社です。
主に、ゲーム機やモバイル向けにゲームソフトを提供しています。

 

シムシティの国内版権取得をしたのがイマジニアですし、メダロットシリーズを手がけたのもイマジニアです。

シムシティやメダロットなど、私が子供の頃に熱中していたのを覚えています。

ちなみに「イマジニア」というのは、
「Imagination(想像)」と「Engineer(技師)」を組み合わせた造語で、「想像を形に変える者」の意味らしいです。
Wikipediaより

 

また、代表取締役兼会長の神蔵孝之氏の資産管理会社IIB株式会社がイマジニアの40%以上の株式を保有しています。
配当は神蔵氏へ還元される仕組みとなっていますので、株価が下がりにくいのです。

神蔵氏が手放せば株価の値下がりリスクはありますが、割と安定的に配当もでて株価が下がりにくい銘柄といえるでしょう。

 

いずれにせよ、もう手放してしまったので今後触れることはありません。

Enjoy!! your investment Life!!