じげん(3679)を24,000株799円で購入したミスターXを救いたい

どうもメーカー営業マンです。

じげん(3679)を24,000株、799円で購入した方がnoteに記事をあげていたので少しだけ触れてみようと思います。

ちなみに今回の記事に私はまったく関係はなく、ただ気になったので書いてみただけです。(じげん株を保有しているとかもないです。笑)

勝手にリンクを貼るのもなんなので、
気になる方は「じげん 24,000株」とかでググればすぐに出てくると思います。

じげんを24,000株799円で購入したミスターX

「こんにちは!ミスターXです!」という意気揚々とスタートするそのnoteには驚愕の内容が書かれていました。

本日(2019.06.21)は、「3679 じげん」を24,000株購入しました。

■取引
【購入】

・3679 じげん×24,000株(@799)

じげん 5年チャート 出所:Google Finance

ミスターXさんが購入した「3679 じげん」のチャートは↑こちら。

24,000株、799円(800円)の取得価額は19,200,000円です。
現時点では、完全にジャンピングキャッチとなっているのである(笑)

コロナショック後でも大して株価は回復しておりません。

今日まで仮に保有していたとすると、彼の株式評価額は9,336,000円になっています。
損益率でいうと、実に-52%です。(2020年6月5日終値389円で計算)

資産の半分以上が溶けています。
数十万円の単位ではありませんからね、1千万円ですよ。

しかもその後の記述が更に衝撃です。

現金2%、株式98%となっており、全力一点集中でじげんを購入した記述があるのです。

また、当面ホールドする予定との記述もあり、この後すぐに手放しているとは考えにくいでしょう。

唯一安心できるのが、現物で購入していることくらいでしょうか。

じげん(3679)とは

じげん(3679)は、人材・不動産・生活関連情報検索サイトを運営する会社です。

社長の平尾丈氏(上画像)はやり手社長で、慶應義塾大学在学中に起業し、東京都学生企業家選手権で優勝しています。

その後、リクルートに入社しグループ最年少で子会社代表取締役に就任しました。

2010年にドリコム(3793)とリクルートの共同設立会社を買い取って今日に至ります。

じげんのビジネスモデル

当社グループは、生活機会の最大化を目指し、ライフイベント領域(求人/住まい/結婚/自動車など)及び日常消費領域(旅行/美容/金融など)においてライフメディアプラットフォーム事業(複数のインターネットメディアの情報を統合して一括検索・応募などを可能にするEXサイト及び特定の領域に特化したバーティカルメディア)を展開しております。

じげん公式HP -事業概要-

噛み砕いて書くと、じげんは人材派遣向け検索情報サイトを運営しており、そこから得られる紹介料が主な収益源としています。

WEBサイトでは、「転職EX」や「派遣EX」などがあります。
一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか。

転職EXロゴ

じげん(3679)の今後

コロナショックの人材派遣業界への影響は凄まじく、
特に派遣や転職を主要とするじげんへの影響は少なくないのではと考えます。

人材関連のビジネスは特に景気の波に左右されやすい傾向にあります。

このような状況による事業拡大の停止、また株価上昇の減速に影響が出るのではないかと推測します。

ミスターXを救いたい

ミスターXさん、大丈夫でしょうか?

その後、損切はしたのでしょうか?

もしミスターXさんがこの記事を読んでいるならばコメントをください。その後が気になります。

 

私はミスターXさんのnoteで大きな学びを得ることができました。

やはり集中投資はリスクが高すぎます。

ただ、まだ株価が上がる可能性は残されています。
800円以上に株価が上がるといいですね。

 

最後にミスターXさんのnoteではこう締めくくられています。

”それでは、また来週お会いしましょう。”

”ミスターXより”

その後、ミスターXのnoteは更新されることはなかった。

 

↓ワンクリックして頂けると泣いて喜びます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。