ブログ開設半年で100記事達成。しかしなにも変わらず。

2019年9月22日

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

2018年2月8日に開設した当ブログですが、昨日の記事で一つの節目である100記事となりました。

約半年(正確には186日)で100記事書きましたので、1日あたり0.53記事、2日に1記事書いたことになります。

あまり頑張ったという感覚はありません。気づいたら100記事書いていました。

とまあ、今回は記念すべき100記事ということで、ブログの変化をまとめてみます。

100記事書いたことによるブログの変化

結論から言いますと、100記事書いて大きな変化はありませんでした。

 

ネット上ではよく「100記事書いたらPV(ページビュー)と収益が爆発的に増加!」的な記事を目にしますが、そんなことはありませんでした。

 

確かに、ブログ開設当初から比較するとアクセス数やページビュー、収益は確実に増加しています。(増加していなかったらブログ自体を見つめ直した方がいい。)

しかし、爆発的な増加はほとんど無く、少しずつゆっくり増加しているような感じです。

これから爆発的な増加があるのかも知れませんが、そんな気配は全くありませんね。

開設半年でのPVはこんな感じ。どこかで急激に伸びるときが来ればいいが・・・。

 

追記:この一ヶ月後(開設7ヶ月目)で大きな変化が起きました。

収益は?

気になるブログの収益ですが、100記事到達した時点で野口さんには届いていません。

今月に野口さんに届けば御の字という感じでしょうか。

 

100記事書くまでに割いた時間は計り知れないですが、アルバイトしたほうがよっぽど稼げることは確実に言えます。

 

短期的に稼ぐならブログは向いていません。(これは確実に言えますね。)

長期的、恒常的な収益を望むならば、ブログをやってみると良いかもしれません。ただ、もちろんブログを書き上げるだけの忍耐力は必要です。

私自身、ブログに収益を望んでいる訳ではなく、情報発信や、自身の資産形成記録的な位置づけです。

これがブログを継続できた理由の一つかもしれません。

100記事書いて分かったこと。

ブログを継続して、更に100記事書いてみて分かったことは下記3つくらいでしょうか。

  1. 文章力が高まる。
  2. ブログは確実に大きくなる。
  3. 習慣化の重要性

どれも他のブロガーさんがよく言っていることですが、実際に100記事書いてみて身にしみて分かりました。

 

記事を書いていれば確実にブログは大きくなっていきます。

しかし、ほとんどのブログは途中で更新をやめてネット上から去っていってしまいます。
挫折しないことが重要ですが、挫折しても再開すれば確実にブログは大きなっていきます。

 

いずれにせよ、継続する力、習慣化が非常に重要となってきます。

これはブログに限らず資産運用や筋トレ、なんにでも言えることです。

 

また、文章力もなんとなく上がったような気がします。

実際、私自身会社の上司に褒められました。

 

文章力に関してはまだまだであると思っておりますが、当初から比べれば磨きがかかったのではないかと思います。

 

今後も長期的な視点でブログを継続していければと思います。

皆さんどうぞお付き合いいただければ幸いです。