Search Consoleにて「送信された URL に noindex タグが追加されています」とエラーがでたので対処した。

2020年4月22日

ある日、普段滅多に来ることがないGoogle Search Consoleからメールが届いた。

「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました・・・・?

な、なんじゃこりゃ!? グーグルさん、日本語でお願いします。

とりあえず、「Search Consoleを使用してインデックス カバレッジ件の問題を修正」ボタンを押し、インデックス カバレッジのステータスページに遷移する。


どうやらsitemap.htmlにエラーがある模様。

sitemap.htmlはGoogle XML Sitemapsプラグインが書き出しているファイルです。

sitemap.htmlにnoindexタグが追加されていることが問題のようですね。

ここまではわかりました。ここからなにやっていいかわかりませんよ!グーグル先生!

noindexタグとは

noindexとはメタタグと呼ばれるものの一つ。

サイト内のあるページを検索エンジンにインデックスさせないために使うタグです。

要は、グーグルさん、このページはシカトしてね♡って指示をだすタグですね。

エラーに対しての対処法

恐らくエラーがでていても特に問題はないと思われますが、なんとなくエラー出しっぱでは気持ちが悪いので対処することにします。

sitemap.htmlはsitemap.xslファイルを元に生成されています。

sitemap.xslファイルの在り処は
/wp-content/plugins/google-sitemap-generator/sitemap.xsl」なので、ここのファイルを修正します。
※修正する前にバックアップは必ず取るようにしてください。(パソコンのローカルフォルダに保存するなど)

12行目のrobotsmetaタグを消去すればエラーは表示されなくなります。

<meta name="robots" content="noindex,follow" />

上記コード部分を消去します。

コード部分を消去してFTP内で保存しましょう。

 

保存が完了したら、Search Consoleに修正したよ!って合図を送ります。

Search Consoleのページへ行き、インデックス→カバレッジ エラーの検証を開始をクリック。

検証が開始されていれば、下記のようなメールが来ます。

検証はすぐに行われず、暫く待っていればいつの間にかエラーは解消されていると思います。

エラーがあっても特に問題はないと思いますが、なんとなく気持ち悪いので、
この気持ち悪さを対処したい人はお試しあれ。

【重要】それでもエラーがでる場合

上記方法でもエラーがでる場合の対処法を記しておきます。

恐らく、このページを見ている人の大半は
WordPressプラグインの「XML-Sitemap Generator」を使用していると思います。

プラグインを使用していない場合は以下方法は意味ないので他を当たっていただけると幸甚です。

 

方法はサイトマップにsitemap.htmlを含めないようにしてあげます。

XML-Sitemap Generatorの設定ページから、
「HTML形式のサイトマップを含める」チェックを外します。

チェックを外したら設定を保存し完了です。

設定を変更したら、再度サーチコンソール内で検証をスタートしましょう。

検証には1週間程度かかる模様です。

私はこの方法でエラーがでなくなりました。

後日、このようなメールがきて無事解決しました。
ちなみに私はこのメールがくるまで2週間かかりました。