Search Consoleにて「送信された URL に noindex タグが追加されています」とエラーがでたので対処した。

ある日、普段滅多に来ることがないGoogle Search Consoleからメールが届いた。

「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました・・・・?

な、なんじゃこりゃ!? グーグルさん、日本語でお願いします。

とりあえず、「Search Consoleを使用してインデックス カバレッジ件の問題を修正」ボタンを押し、インデックス カバレッジのステータスページに遷移する。

どうやらsitemap.htmlにエラーがある模様。

sitemap.htmlはGoogle XML Sitemapsプラグインが書き出しているファイルです。

 

sitemap.htmlにnoindexタグが追加されていることが問題のようですね。

ここまではわかりました。ここからなにやっていいかわかりませんよ!グーグル先生!

noindexタグとは

noindexとはメタタグと呼ばれるものの一つ。

サイト内のあるページを検索エンジンにインデックスさせないために使うタグです。

要は、グーグルさん、このページはシカトしてね♡って指示をだすタグですね。

エラーに対しての対処法

恐らくエラーがでていても特に問題はないと思われますが、なんとなくエラー出しっぱでは気持ちが悪いので対処することにします。

sitemap.htmlはsitemap.xslファイルを元に生成されています。

sitemap.xslファイルの在り処は

/wp-content/plugins/google-sitemap-generator/sitemap.xsl」なので、ここのファイルを修正します。

12行目のrobotsmetaタグを消去すればエラーは表示されなくなります。

<meta name="robots" content="noindex,follow" />

上記コード部分を消去します。

 

これでエラーが解消されると思います。エラーが嫌な人は試してみてね。