【台風の日】外が暴風でうるさい時に快眠する方法

2020年3月12日

どうもメーカー営業マンです。

台風が多い時期になってきましたね。

以前、暴風で雨戸がうるさい時に対処する方法を記事にしました。

この時期はこの記事のアクセスが爆増します。やっぱみなさんこの鬱陶しい音に悩まされていたんですねぇ。

上記記事はあくまでも雨戸の揺れを抑えて、雨戸自体から発する音を低減するためのものです。

今回は外自体がうるさい、どうしようもないときに快眠できる方法をお教えします。

外が暴風でうるさい時に快眠する方法

みなさん、外が暴風で風の音がうるさくて眠れないときありませんか?

特に夏場の台風が多い時期なんて最悪です。昼間ならまだしも、夜中に台風が吹き荒れると次の日は眠気MAXじゃないですか?

仕事のパフォーマンスも落ちますし、もう、なんなんだよ、って感じです。

ただ、自然現象なのでこればっかりは仕方ない。

今回は「あるもの」を使って、外の騒音をシャットアウトします。

 

あるものとは・・・

これです。

ん?音楽プレーヤー?

音楽プレーヤーですが、これはSONYの「WALKMAN(ウォークマン)」です。

なんだよ!!音楽聞いて寝ろってのかよ!!!って思ったみなさん!!待ってください!!!

ノイズキャンセリング機能をオンにし、イヤホンを耳にさして眠るだけです。

快眠には、WALKMANのノイズキャンセリング機能が効果絶大なのです!!!

 

実際に私自身、台風の日に試して快眠できました。

ちなみにこの「ノイズキャンセリング機能」は音楽を流さずに使用できます。

ですので、ただイヤホンを耳に差すだけで外の騒音をシャットアウトできます。

びっくりしましたが、WALKMANのノイズキャンセリング技術はすごいんですよ。

耳をすまして聞かない限り、ほとんどの騒音をシャットアウトしてくれます。

私が使用しているWALKMANはこのモデルです。純正イヤホン付のものを購入しました。

以前のモデルでは(と言っても5,6年前)ノイズキャンセリング機能はそうでもなかったですが、最近のモデルではかなり強化されているみたいですね。(あくまで個人の見解です。)

この「ノイズキャンセリング機能」ですが、付属のSONY純正イヤホンを使わないと使用できないようですので注意が必要です。

また、イヤホンを耳に指しているとなかなか寝付けないという方は慣れてください(笑)

人間慣れる生き物ですから、普段からイヤホンをつけて眠るようにしているとすぐに慣れると思います。

 

このためだけにWALKMAN買うのもなぁ、って方はこんな商品もあるようです。

ノイズキャンセルの仕組み

イヤホンに内蔵された小型マイクロホンで周囲の環境騒音(乗り物内での騒音やエアコンの空調など主に300Hz以下の騒音)を収音し、その逆位相の音を出して騒音を打ち消す。

環境騒音を効果的に低減させ、人の声やアナウンス等はしっかりと聞き取ることが可能。

1.イヤホン部に内蔵された小型マイクで周囲の環境騒音を収音

2.本体のノイズキャンセリング回路で逆位相(反転)の音を発生

3.2つの波形の合成により、耳元では騒音が打ち消される

出所:Amazon

ノイズキャンセリング技術を駆使して、ぜひ快眠ライフを!!