【PM】大暴落のフィリップモリスを新規購入

2020年5月2日

どうもメーカー営業マンです。

タイトルの通りなんですが、
タバコ銘柄の米国株式「フィリップモリス」を新規購入いたしました。

購入といっても、そんなに資金があるわけではないので、たったの10株です。

ですが、これで晴れて私のポートフォリオにフィリップモリスが追加されました。

PM 79.48ドル @10株

【PM】フィリップモリスとは

フィリップモリスとは、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く、世界最大のたばこメーカーです。

主要な銘柄は「ラーク」や「マールボロ」などがあります。

たばこを吸っている方や吸っていた方は一度は耳にしたことがあるであろう、超有名企業です。

歴史も古く、なんと設立は1900年です。
100年以上経っても今もなお存続している100年企業でもあります。

純利益と営業CF&営業利益率

営業キャッシュフローは成熟企業らしく安定的に推移していますね。

純利益は減少傾向にあるものの、営業キャッシュフローは増加してます。

利益率は基本的に40%程度を維持していますね。非常に高い利益率です。

配当と配当性向

次に配当と配当性向を見てます。

グラフで見て分かる通り、配当、配当性向ともに年々増加しています。

上記のキャッシュフロー推移を見ると、停滞気味ではありますので、
配当は今までどおりにはいかないかもしれません。

2018年6月2日時点の株価は78.18$配当利回りは5.38%となっています。

フィリップモリスの今後

設備投資に費用があまりかからないこと、
喫煙者は定期的に同じブランドのタバコを購入することの2点からタバコ銘柄は非常に安定しています。

また、加熱式タバコが急速的に普及しており、タバコ業界の新たな転換が進んでいます。

更に、加熱式タバコ、「iQOS」に無線通信機能を搭載し、
将来的には電子サービスの展開も睨んでいるようです。

 

いずれにせよ、世界中で圧倒的にシェアを有するフィリップモリスには
非常に有利な状況であることには変わりないでしょう。

 

Enjoy!! your investment Life!!