米国大手のペット保険会社トゥルーパニオン銘柄分析【TRUP】

2020年5月23日

どうもメーカー営業マンです。

今回は米国大手のペット保険会社、「トゥルーパニオン」の企業概要、各種データを見ていきます。

企業概要

会社名 Trupanion, Inc.(トゥルーパニオン)
所在地 6100 4th Avenue South Suite 200 Seattle, WA 98107 United States (ワシントン州 シアトル)
事業内容 トゥルーパニオン(Trupanion, Inc.)はペット用健康保険会社。犬および猫向けのペッ ト用医療保険を提供する。カナダ、プエルトリコ、および米国で事業を展開。
代表者 CEO Darryl Rawlings
従業員数 738人(2020年5月現在)
設立年 2000年
上場市場 NASDAQ(ティッカー:TRUP)
セクター 金融サービス

トゥルーパニオンは犬・猫用のペット保険を提供する会社です。

主に、米国、カナダ、プエルトリコで事業展開しています。

事業内容はシンプルで分かりやすいですね。

トゥルーパニオンは米国No.1ペット保険に選出

米国の製品レビューサイト「Wirecutter」(ニューヨーク・タイムズ傘下)で米国N.1のペット保険に選ばれています。

自社ホームページで競合との比較表がありました。

競合はVPI,Petplan,Embrace,Healthy Pawsなど。
しっかり実名までだして比較するとは、、、そこは米国企業らしさが垣間見えます。

トゥルーパニオンの特徴

  • 保険プランは1つのみで実にシンプル。
  • 保険料支払いに制限がない。
  • かかった医療費を確認を待つ必要なく振り込んでくれる。
  • 24時間対応のカスタマーケア実施。いつでもどこでもカスタマーサービスを受けられる。保険適用範囲は90%カバー。
  • 月額保険料を自分で調整可能。保険料を多く支払えばその分自己負担額割合は小さくなる。

トゥルーパニオンの特徴をざっとまとめてみました。

特に特徴的なのが、保険プランが1つのみの部分でしょうか。
事業内容がシンプルであれば、保険プランもシンプルという分かりやすさです。

顧客目線で考えていることが伝わってきます。

UIは非常にわかりやすい。↑
スライドすることで保険料・自己負担額を調整可能。直感的に操作できる。

拡大するペット市場

引用元:東洋経済

ペット市場は右肩上がりで推移しています。

特に米国の成長は著しく、「ペットブーム」と呼ばれているほど。

2020年度は1兆5833億円になると見込まれています。

潜在的な巨大ペット保険市場

米国、カナダでのペット保険浸透率は低く、潜在的な巨大な市場として存在しています。

拡大するペット市場と比較して、ペット保険の浸透率は低いと言われています。
特に米国、カナダでは顕著に現れていますね。

業績

次に、主な業績について見ていきます。

売上高

売上高はきれいな右肩上がりで推移しています。

営業利益

実績ベースの営業利益推移です。

赤字が続いています。

当期利益

税引き後の利益推移です。

赤字幅は縮小傾向にあるものの、依然として赤字が続いています。
ただ、2021年12月期には税引き前で黒字化予想となっています。

配当

トゥルーパニオンは配当は出していません。

株価推移

TRUP 直近1年チャート 出所:楽天証券

直近1年では、36ドル~21ドル程度のレンジ間で株価推移しています。

TRUP 直近5年チャート 出所:楽天証券

直近では株価が若干伸び悩んでいる様子です。

赤字経営から脱却すればレンジを突き抜けるでしょうか。

直近決算

■Trupanion ’20 Q1決算

EPS $0.03 (’19 $0.04)
売上 $111.3M (’19 $87M)

まとめ

  • トゥルーパニオンはペット保険会社
  • ペット市場は右肩上がりで伸びている
  • 保険プランは1つのみで高い顧客満足度
  • 利益は赤字続きだが、赤字幅は縮小傾向

個人的に投資妙味あり企業です。

保険はストックビジネスですし、トゥルーパニオンの保険は月平均98%以上と高い顧客維持率を誇っています。

また、ペット市場は増加傾向にあり、高い成長率のトゥルーパニオンに投資余地ありと判断しています。

 

※投資は自己責任でお願いします。

Enjoy!! your investment Life!!

↓ワンクリックして頂ける泣いて喜びます(嘘)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村