【VONG】バンガード ラッセル1000グロースETFが気になる

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

普段は個別株ばかり触っている私ですが、今回は珍しくETFの記事となります。

ETFの記事はSPYDを売却した日以来でしょうか。

 

さて、今回はバンガード ラッセル1000グロースETF(VONG)について紐解いていこうと思います。

あまり聞き慣れないETFですが、結構面白いETFだと思います。

 

あ、あと書いてる途中で知ったのですが、VONGについてはETFの大御所りんりさん(@SandP500ETF)が既に記事にしています。

ちなみにまだ読んでいませんよ!(本当に)
※パクってないのでご承知おきをお願いしたい。(切実)
あと記事の完成度は低いです。

バンガード ラッセル1000グロースETF(VONG)

VONGは世界最大の資産運用会社「バンガード社」が提供するETFの略称です。

正式名称は見出しにある通り、「バンガード ラッセル1000グロースETF」となります。

ラッセル1000グロース株インデックスのパフォーマンスへの連動を目指したETFとなっています。

ラッセル1000グロース株インデックス

米Russell Investments社が提供する外国株式インデックスです。

ラッセル1000指数の一部で構成されており、構成銘柄は時価総額ベースで米国市場の約90%を占めています。
採用基準はもちろん「グロース株」が対象です。

毎年銘柄の入れ替えが行われており、その時代の成長企業を反映しているとも言われているようです。

このインデックスと連動したETFがVONGという訳ですね。

基本情報

基本情報を見ていきます。

名称

バンガード・ラッセル1000グロース株ETF

ティッカー VONG
上場市場 NASDAQ
ファンド設定日 2010年9月20日
ETF純資産額 約5,000億円(2020年9月30日時点)
経費率 0.08%
取扱ネット証券 楽天証券、SBI証券、マネックス証券

ちなみに、QQQの純資産額は13.8兆円ですので、VONGの純資産額はまだまだ小さいですね。

とはいえ、5,000億円以上ありますから、十分大きな規模を持ったETFと言えるでしょう。

ETFコンセプト

コンセプトとしては、その名の通り主に成長企業に投資するETFとなっています。

とはいえ、今や成長を引っ張っているのはハイテク企業です。

VONGは約45%がハイテク企業で占めています。
その他に、一般消費財、ヘルスケア、金融サービスと続きます。

 

その点でいうと、ナスダック100指数に連動するQQQとはコンセプトが違います。

QQQはナスダックに上場する新興企業を対象とするETFですが、VONGはNYダウも含めた米国全市場を対象としています。

他に成長産業が台頭してくれば、自ずと採用銘柄は入れ替わりますから、その時代に合わせた成長産業に投資できるということですね。

 

上位10銘柄はQQQと似ていますが、細かく分解していくと違いが見えてくるかもしれません。

比較記事については後日上げようと思っています。

採用上位10銘柄

VONGの主な採用銘柄は以下の通り。

銘柄 割合
Microsoft Corp. 10.4%
Apple Inc. 10.2%
Amazon.com Inc. 8.0%
Alphabet Inc. 4.5%
Facebook Inc. 3.7%
Visa Inc 2.2%
Mastercard Inc 1.8%
UnitedHealth Group Inc. 1.6%
NVIDIA Corp. 1.5%
Adobe Inc. 1.3%

この上位10銘柄でETFの45.3%を占めています。

3割くらいはGAFAMですね。

セクター別割合

セクター 割合
テクノロジー 44.7%
一般消費財・サービス 19.2%
ヘルスケア 14.7%
金融サービス 10.5%
生産者向け耐久財 5.7%
必需消費財 3.9%
原材料・加工 1.1%
エネルギー 0.2%
その他 0.0%
公益 0.0%

トータルリターン

1年 3年 5年 10年 設定来
37.38% 21.56% 19.98% 17.10% 17.15%

2020年9月30日時点

設定来のトータルリターンは17%超えと驚異のリターンを叩き出しています。

 

一方で、QQQのトータルリターンも見てみましょうか。

1年 3年 5年 10年 20年
48.0% 24.0% 23.1% 19.8% 6.5%

2020年9月30日時点

直近10年ではVONGはQQQに劣りますね。

ただ、QQQはどちらかというボラティリティが高いETFです。
逆にVONGはボラティリティは低めといったETFだと思います。

あくまでも個人的な主観ですが、VONGはVOO+QQQのハイブリットなETFという印象です。

まとめ

  • VONGは米国市場の時価総額上位1,000社で構成
  • 米国株式市場の約90%をカバー
  • 「グロース株」が対象
  • ハイテクが大半を占めるが、QQQとは差異あり

個人的には結構気になるETFです。

へたらしたらVONGオンリーでもいいかもしれませんね。

 

※投資は自己責任でお願いします。

Enjoy!! your investment Life!!

↓応援クリック励みになります!!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。