つみたてNISA運用成績公開(2020年8月)

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

今月もつみたてNISAの運用成績を公開していきます。

株高の影響もあり、つみたてNISAはかなり好調です。

さて、見ていきます。

つみたてNISA運用成績公開(2020年8月)

早速結果から見ていきます。

投資元本¥830,820に対して、評価額¥950,402でした。

含み益は+¥119,581、現時点でのトータルリターンは+14.4%でした。

 

素晴らしい。この一言に尽きます。

私は2018年1月から積み立てていますので、約2年7ヶ月でトータルリターンは14%を超えました。

年平均約5.6%となりました。なかなか良いパフォーマンスではないですかね。

つみたてNISAの内訳

保有ファンドの内訳は以下の通り。

ファンド 評価額 リターン
ニッセイ 外国株式インデックスファンド ¥378,175 +13.34%
楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT) ¥7,501 +8.92%
楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI) ¥495,738 +15.28%

ちなみにニッセイと楽天でインデックスファンドを2種類に分けていますが、特に意味はありません。(笑)

どうせならシンプルに楽天VTI一本でも良かったかもしれません。

 

投資割合としてはこんな感じです。

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド ¥11,111
  • 楽天VT ¥500
  • 楽天VTI ¥21,722

基本的には月の満額(¥33,333)を振り分け、ドルコスト平均法で積み立てています。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックスのパフォーマンス

こちらはつみたてNISAではありませんが、先月から特定口座で「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」の積み立てを開始しています。

この投資信託はQQQ(インベスコQQQ信託シリーズ1)を主軸とした、ナスダック市場へ投資できるインデックスファンドです。

詳しくは以下記事をご参照ください。

 

ついでにこちらのファンドのパフォーマンスも見てみましょうか。

先月から投資を開始したばかりなので、誤差の範囲ですが、1%程度のプラスにはなっていますね。

現状ナスダック市場はかなり過熱気味と思いますが、例え暴落しても愚直にドルコスト平均法で積み立てていく予定です。

 

今後も給与を愚直に株式投資へと充て、確実に資産を増大させていきます。

 

Enjoy!! your investment Life!!

↓ワンクリックして頂けると泣いて喜びます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。