【2020年9月】社会人4年目26歳(男)の家計簿

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

今月も先月同様、私の家計簿を公開したいと思います。

ちょっとでも興味があったら見ていってください。

【2020年9月】社会人4年目26歳(男)の家計簿

2020年9月の収支は以下の通りとなりました。

給与収入 :¥251,515(手取り)
その他収入:  ¥61,190
支出   :¥151,328
収支   :+¥161,377

約16万円の黒字となりました。

ここから更に、以下投資額を充当しています。

  • 持株会:¥15,000
  • 積立Nisa:¥33,332
  • iDeCo:¥12,000
  • 投資信託:¥46,668
  • 合計:¥107,000

ちなみに、先月の支出は18万円を超えていますので比較的抑えられたのではないかと思います。

尚、気になるその他収入については後述します。

支出内訳

次に、支出の内訳を見ていきます。

  • 住居/通信費:¥67,419
  • 食費:¥29,725
  • レジャー:¥9,400
  • スーパー/コンビニ:¥9,889
  • 交通/車:¥5,364
  • 両親:¥5,000
  • 交際費/会費:¥19,792
  • ファッション/美容:¥2,636
  • 生活用品:¥1,873
  • その他:¥230

合計:¥151,328

以下、更に詳しく支出内容を書いていきます。

住居/通信費(¥67,419)

住居/通信費が支出の44.6%を占めています。やはり住居費がデカいですね。

内訳としては以下の通り。

  • 家賃 ¥59,000
  • WiMAX ¥3,575
  • 電気/ガス ¥4,844

コロナ禍の影響で会社近くに住む必要がないと感じているので、家賃が安い場所への引っ越しを考えています。

なにより固定費の削減が最も資産形成に寄与しますから、固定費の割合として高い家賃を削るのが最優先事項です。

仮に家賃が5,000円も下がれば、年間60,000円の削減が可能です。結構インパクト大きいですよね。

食費/スーパー/コンビニ(¥39,614)

外食+自炊用にスーパーやコンビニで購入したものの金額です。

トータル4万円程度でした。

結構外食していた印象がありますが、意外と4万円以内に収まる形となりました。

レジャー/交際費(¥29,192)

9月は彼女の誕生日でしたので、交際費の支出が大きくなりました。

普段であれば恐らく半分以下の支出かと思います。

とはいえ、彼女からはお金以上に大切なものを頂いています。幸せです。

その他収入(¥61,190)

さて気になるその他収入なのですが、計算してみたら以外にも6万円程度の馬鹿にできない金額になっていました。

内訳はご想像におまかせしますが、主に配当収入、ブログ収入、ポイ活、アンケートサイト etc… で構成されています。

配当収入については先日記事にしていますので、そちらを見て頂けると幸いです。

まぁ、言ってしまえば4割くらいは配当収入で、それ以外はブログやポイ活、アンケートサイトなど、その他収入源からのものってことですね。

まとめ

2020年9月は約16万円の黒字でした。

今後も引き続き、若年期の資産形成スピードを加速させるため、日々倹約に努めていきます。

とはいえ、自分の首を絞めてしまっては元も子もないですので、お金を使う時は使う、使わないときは使わない、とメリハリのあるお金の使い方を意識していければと思います。

 

尚、私が実施している節約術は以下の記事にまとめていますので気になる方は見てみてください。

 

Enjoy!! your investment Life!!

↓応援クリック励みになります!!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。