保有銘柄を丸裸にするポートフォリオ公開(2020年12月)

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

今回は久しぶりに私のポートフォリオを丸裸に公開していきたいと思います。

以前公開したのは今年の7月くらいですかね。↓

そこから大して変わっていませんが、資産1,000万円突破しましたし、タイミングとしてはちょうどいいので公開していきます。

ポートフォリオ公開(2020年12月)

投資割合(全体)

まずは全体の投資割合を見ていきます。

以前までは現金比率が1%未満だったときもありましたが、現状は5%と私としてはだいぶ上がってきました。

コロナショックで現金の重要性を勉強できましたので、今後は少しずつ現金比率を上げていく予定です。

現状株高でもありますしね。

また、今後はS&P500連動投資信託をメインとしていくため、投資信託の割合も以前と比較して増加しています。

少しずつこの割合も増やしていきたいですね。

 

一方で、最近の弊社の株高もあり、持株会の割合が一段と増加しています。

まさかまさかの5分の1が自分の会社の株となっています・・・。

会社への依存度を下げていきたいと言っている傍らでどんどん上がっているという(笑)

株価が上がっているのでこればかりは仕方ありませんが、持株会の割合は10%未満、できれば5%以下に抑えたいところです。

売却も視野に入れてもいいかなと思っています。

投資対象別

次に投資対象別の割合です。

依然として個別株の割合がかなり高いです。

投資信託にはつみたてNISA、iDeCoも含んでいますが、まだ割合としては低いですね。

S&P500連動投資信託をメインとしていくがゆえ、少しずつこの割合を増やしていきたいです。

個別株を売却してもいいんですが、当面はホールドしていく予定です。

米国(英国)個別株の内訳

米国個別株(英国株含む)の内訳は以下の通りです。

大きくセクター別で分類しました。

未だに高配当一辺倒のポートフォリオを築いています。

タバコの割合が少しずつ減っていますが、まだ25%程度がタバコ株という惨状です(笑)

一昔前は50%近くタバコ株でしたから、それと比較するとまだマシになりました。

とはいえまだヤニ臭いですね。

当面は個別株の買い増しは控える予定です。

ただどこかのタイミングで全て綺麗さっぱり売却したいという気持ちもあったりします。

個別株詳細

次に、個別株の取得単価や損益率を見ていきます。

こうして改めて見るとタバコ、石油の含み損が半端ない(笑)

これでもかなり含み損は回復した方です。

一時は50%マイナスとか普通でしたからね。

ちなみにトータルで円ベースの評価額が
4,833,058円、評価損益は-351,332円となっています。

えぇ。含み損です。

 

次に日本株の詳細です。

見ての通り日産自動車が足をかなり引っ張っています。

魔の日産です。

トータルでの評価額は1,430,710円、評価損益は-8,270円となっています。

微損という状況ですね。

 

一方、持株会がとんでもないことになっています。

身バレ防止のため詳細は伏せますが、
評価損益+1,177,459円、評価損益率は+115%となっており、弊社ダブルバガー達成です。

投資信託

次に、保有する投資信託をすべて見ていきます。

外国リート以外は余裕でプラス。
インデックスファンドは素晴らしいですね。

すべての評価額は1,938,251円、評価損益は+315,672円となっています。

素晴らしい成績。何も言うことはありません。

 

尚、トータルでの投資成績については以下記事でまとめています。

総括

  • エネルギー、タバコはクソ株
  • エネルギー、タバコの影響で大きくパフォーマンスが低下
  • ドルコスト平均法でインデックスを淡々と積立が最適か
  • 弊社の株価がスゴイ

ちょっとディスりましたが、やっぱりクソはクソです。

エネルギー、タバコには苦しい状況が続いていますが、不況のときもあれば好況のときもあります。

そういった時代の変化を柔軟に対応できる指数というのがS&P500だと思っています。

更に配当が再投資されるインデックスファンドであれば、たとえ指数が低迷期に入ったとしても配当の分資産額は増加していきます。

やはりドルコスト平均法でインデックスを淡々と積立が最適解かもしれません。

 

※投資は自己責任でお願いします。

Enjoy!! your investment Life!!

↓応援クリック励みになります!!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。