ロイヤリティ・ファーマ(RPRX)を新規購入。見事ジャンピングキャッチに成功!

どうも、直近のSILKの購入といい、新興銘柄の購入が活発なメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

先日、ロイヤリティ・ファーマが気になるということを記事にしました。

気になっていたロイヤリティ・ファーマを新規で少しだけ買ってみました。

そして見事にジャンピングキャッチに成功いたしました(泣)

ロイヤリティ・ファーマ(RPRX)を新規購入

ロイヤリティ・ファーマ

ティッカー:RPRX
取得株数:1株
取得単価:$54.24

これで我がポートフォリオにロイヤリティ・ファーマが追加されました。

購入といってもたったの1株のみですけどね。

購入の原資は米国株からの配当金を充てました。

米国株は1株から購入できるので、手軽に買えてしまうのも魅力のひとつですよね。
簡単にポチれちゃうので、セルフコントロールは重要ですが。。

見事なジャンピングキャッチ

RPRX株価チャート

改めて購入ポイントを見ると、見事なジャンピングキャッチで笑うしかない。

毎度のことながら購入するタイミングが下手くそすぎます。

高く飛んでいるところを無理やり取っちまったよ・・・。

というか、今回1株だけ購入したのも私の作戦なんですよね!

単元の購入ポイントを基準にして、下げるようであれば買い増し、上がるようであれば様子見、といったように買い増しタイミングを図る基準としているのです!!(これマジです。)

買値から5%下がったら買い増しという風に買い増しタイミングのルールを設けています。

ただ、今回の買い増しタイミングは本当にクソすぎました。反省です。

まあ、RPRXは上場してから1週間も経過していないので、(6/17IPO)これからの株価はわかりませんがね。(ポジティブ)

RPRXはロイヤリティ(特許料)が収益源の企業

ロイヤリティ・ファーマはその名の通り、ロイヤリティ(特許料)が主な収益源の企業です。特許は医薬品が主となります。

新薬の開発段階から投資し、その新薬が完成・販売されたら売上の一部をロイヤリティとして受け取る仕組みです。

このビジネスモデル上、投資した薬が売れ続ければ収益が減ることはありません。

基本的には投資ビジネスで、かなりおいしいビジネスモデルであることは明白です。

また、医薬品業界は高い経験値や業界に精通していることが求められるため、参入障壁はかなり高いと言われています。

投資先

投資ポートフォリオ(2020年6月17) 出所:ロイヤリティ・ファーマ
クリックで拡大

主な薬は、偏頭痛や関節リウマチ、HIVなど多岐に渡っています。

すでに、45もの医薬品へ投資しており、そのうち22が高い収益を生んでくれているようです。

半分の投資が成功していると見られることから、ロイヤリティ・ファーマの医薬品への選別眼はかなり高そうですね。

今後の期待大

RPRXはビザ(V)の上場時を彷彿させるIPOを呼ばれました。

薬市場は年率7%程度成長しており、それにあわせてロイヤリティ・ファーマの成長も6~9%程度成長していくと予測されているようです。

更にロイヤリティは非常に安定しており、安定収入が見込めます。

上場初年度から配当を出すことも公表しており、配当利回りは2%前後を見込んでいるようです。

連続増配銘柄になる可能性が高いと個人的に思っています。

ロイヤリティ・ファーマはかなり期待値の高い銘柄であることは間違いないでしょう。

 

※投資は自己責任でお願いします。

Enjoy!! your investment Life!!

↓ワンクリックして頂けると泣いて喜びます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。

あわせて読みたい