【EH】イーハンまたやらかす。決算報告書遅延で株価急落

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

毎度ネタを提供してくれる中国ドローンメーカーのイーハン・ホールディングス【EH】(以下イーハン)がまたもややらかしてくれました。

以前はショートレポートにより-62%の下落を喫したイーハンですが、決算報告書の遅延に加えて以前の報告書に重大な変更があるとし、株価はまた急落となりました。

イーハン・ホールディングス(EH)株価チャート 出所:Google Finance

以前の株価と比較して下落しているため、下落幅は多少抑えられていますが、それでも一晩で16%超暴落しています。

一時は近未来技術や空飛ぶクルマなどともてはやされ、インフルエンサーや株クラスタ内でも話題を集めていましたが、今や見る影もありません。

今回の株価急落について、ポイントは以下2つになりそうです。

①決算報告書の遅延

1つ目は決算報告書(Form 20-F)の遅延です。

NASDAQによると、EHangは4/30(金)に証券取引委員会の提出書類で「年次報告書の作成と監査済み財務諸表の作成が遅れた」と述べ、5/15まで延期することを要請したようです。

たかが提出が遅れただけじゃん、って思うかもしれませんが、これは重要な信用問題に関わります。

投資家にとってもこれは全くもって良いことではありません。報告書の遅延により上場廃止となった企業さえあるのです。

 

またこの遅延はWolfpackのショートレポートの信用性を更に高める可能性があると言って過言ではないでしょう。

尚、ショートレポートはこちらの記事にてまとめています。↓

②提出済の報告書に重大な変更があると報告

出所:EHang IR

イーハンのIR資料から引っ張ってきました。

赤でマーキングした部分によると、既に提出されている報告書に対して重大な変更が予期されている旨が記載されています。

具体的には昨年度業績の決算報告書に対して、”significant change”=”重大な変更”の可能性があるとのことです。

これはかなりまずい状況かもしれません。

火の無い所に煙は立たぬ、ショートレポートの内容はもしかすると信用性に足るものかもしれません。

 

以上2つの情報からイーハンの株価は急落したという訳です。

そりゃ売られますよね。報告書の提出が遅れ、更に既に提出済みの報告書に重大な変更がある、って言ってるんですよ?

こんな会社、信用も糞もなくないですか。ビジネスって信用の上に成り立っているのですから。

イーハンへの投資はリスクが高すぎるかもしれない

これらがいわゆるチャイナリスクってやつです。

イーハンへの投資ってリスクとリターンが見合ってないと思うんですよ。これはあくまでも個人的な感想ですが。

正直リスクが高すぎます。これだけは言えるでしょう。

それであればもう少しちゃんとした企業へ投資した方が、安全にリターンを得ることができると思います。

誰しも短期間で高いリターンを得ようとしますが、”急がば回れ”ということわざがあるように、ぱっとはしないが着実に業績を伸ばしている企業へ投資するほうが、安全且つ確実なリターンを得られるのではないでしょうか。

 

話題だからと言って安直に投資するのは非常に危険です。

どんな会社で、どんなことをやっていて、業績はどうか、どんなリスクがあるか、等々のこれらの情報をしっかりと調べた上で投資するべきであると思います。

というかこれが本来の投資という姿なのではないでしょうか。

 

※投資は自己責任でお願いします。

Enjoy!! your investment Life!!

↓応援クリック励みになります!!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。