世界の株式時価総額合計は86兆ドル!そのうち20社が20%を占める

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

世界の株式時価総額合計は86超ドル(約9,400兆円)にものぼると言われています。

時価総額トップのAppleは世界の株式時価総額のどの程度を占めるのでしょうか。ちょっと気になったのでまとめてみました。

時価総額ランキングトップ20社が占める割合

時価総額トップ20社(2021年5月2日時点) ※クリックで拡大

トップ20社は上表のようになりました。

トップ20社だけで世界の株式時価総額合計の20%以上を占めています。

これは正直驚きましたね。

1企業あたりのウエイトがこれほどまでに大きいとは思ってもいませんでした。

企業の独占・寡占化が進んでいるのが目に見えて分かると思います。

 

尚、1位のアップルは時価総額約2.21兆ドルで、世界の株式時価総額合計86超ドルのうち、約2.6%を占めています。

時価総額ランキングトップ50社が占める割合

時価総額トップ50社(2021年5月2日時点) ※クリックで拡大

ちなみにトップ50社もまとめてみました。(かなり見にくいですがご容赦ください。)

トップ50社だけで世界の株式時価総額の約30%程度を占める結果となりました。

たった50社で世界の企業価値の30%を占めるって単純に考えてやばくないですか。

 

株式市場に流通しているお金の30%がこの50社に集まっているということですよ?

いやはや驚きを隠せません。

トップ50社の時価総額と割合

世界時価総額トップ50社(2021年5月2日時点)

米国企業・中国企業がほとんどを占めています。

日系企業はトヨタ自動車のみ31位に入っています。

テスラは現在時価総額8位、大きくトヨタを突き離しましたね。

国別時価総額割合

国別で見てみるとこのようなグラフとなっています。

世界の株式市場の約半数が米国と中国で占めています。

こうして改めて見ると、米国企業へ投資することが如何に理にかなっていることが分かります。

中国企業も悪くはないと思いますが、いかんせん政治リスクが高いのが難点ですね。

 

今後日本は人口減少とともに経済力は衰えていくことが推測されます。

そういう意味でも投資先は米国を選択するのが懸命と言えるでしょう。

 

私が米国株へ投資する理由

 

Enjoy!! your investment Life!!

↓応援クリック励みになります!!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。