株価軟調気味なウェルズ・ファーゴ【WFC】を新規購入

ウェルズ・ファーゴ

ティッカー:WFC
取得単価 :$27.92
取得株数 :8株
配当利回り:7.61%(税引前)

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

米国4大銀行のウェルズ・ファーゴ(WFC)を新規購入いたしました。

先日の記事で、夏のボーナスで購入したい銘柄としてピックアップしていましたが、キャッシュが生まれたので早々購入しました。

これで我がポートフォリオに金融セクターのWFCが仲間入りです。

当ポートフォリオは金融セクターの割合が低いので、もう少し増やしていきたいところです。

WFC以外では、PRUなんかも狙っています。

ウェルズ・ファーゴ(WFC)はバフェット銘柄

ウェルズ・ファーゴはカリフォルニア州に本社を置く金融機関です。
アメリカ西部を地盤とし、米国で最も支店数が多い金融機関となっています。

設立は1862年と、創業から158年経過しているかなり古い企業でもあります。

また、資産価値は全米第3位と規模も大きい銀行となります。

更に国内では、住宅ローン、自動車ローン、中小企業融資でシェア1位を獲得しています。
反面、収益は米国国内に依存している状態です。

 

ウェルズ・ファーゴはかのウォーレン・バフェットが投資している銀行株です。
その上、個人投資家にも人気があるようです。

株価推移

ウェルズ・ファーゴ 10年チャート 出所:Yahoo!ファイナンス

直近10年では上昇傾向にありましたが、近々のコロナショックで株価は全戻ししています。

尚、2009年のリーマンショック時には株価は12ドルまで落ち込んでいます。

リーマンショック後~コロナ禍以前は40ドル~60ドルのボックス圏で推移していましたが、コロナショック後は20ドル代まで落ち込みました。

チャート的に下値は限られており、長期的には買い場なのではないかと推測しています。

配当推移

配当金(USD)
2009年 0.49
2010年 0.20
2011年 0.36
2012年 0.91
2013年 1.20
2014年 1.40
2015年 1.50
2016年 1.52
2017年 1.55
2018年 1.70
2019年 1.98
2020年 2.04(予)

リーマンショック時には減配を実施しており、年間配当は1株あたり0.2ドルまで落ち込んでいます。

しかし、その後は増配を続けています。

また、配当性向は平均50%以下と他の高配当米国株と比較すると際立つ低さです。

直近決算

■Wells Fargo & Company ’20 Q1

EPS $0.01
売上 $177.2B(’19 Q1 -18%)
純利益 $6.5B

2020年第一四半期の純利益は88.9%減の大幅減益となっています。

まとめ

  • ウェルズ・ファーゴは米国の老舗銀行
  • バフェット銘柄の一つ
  • 配当は増配傾向あり
  • 株価は一旦底打ちか

コロナショックのような世界的ショック時には金融セクターは大きく売られる傾向にあります。

ウェルズ・ファーゴも大きく売られ、株価は一旦底打ちしたのではないかと考えます。

また、悪材料が出尽くした感も否めません。

今回は底値圏で拾うことができたと思っています。
更に下がるようであれば、買い増しする予定です。

※株式投資は自己責任でお願いします。

 

Enjoy!! your investment Life!!

↓ワンクリックして頂けると泣いて喜びます。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。