東京電力全力マンを応援したい

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

暇だったのでネットサーフィンしていたらとある方を見つけてしまいました。(というか、ネットサーフィンってもはや死語?)

追風まことさん(@todenwatch)こと東京電力全力マンである。

 

今回の記事では追風まことさんについて勝手にご紹介させて頂きます。

最初に断っておきますが、当記事は彼を煽るような内容ではありません。単純に彼を応援したい、そんな気持ちで書いています。

尚、Twitterではフォローしていませんし、親交もありません。

東京電力を63,500株保有する追風まこと

まず、彼を語ろうとするならばここだろう。

なんと彼は東京電力の株式を63,500株も保有する東京電力全力マンなのである。

この株式数については、彼のTwitterから確認することができる。

東電63,500株とは約2,250万円分である。(2021年9月29日終値355円で計算)

これを全力と言わずしてなんと呼ぶべきであろう。

東京電力を今世紀最大のバリュー株と提唱し、東京電力を追い続ける男、そう、それが追風まことなのである。

 

ご存知の方も多いかと思うが、東京電力の株について簡単に記述しておこう。

東日本大震災が起こった3月11日、東京電力の株価は2130円台近くで推移していた。
しかしその翌週、原発事故で注目された東電株は急落。全株一致で寄ったのは3月17日で741円だったそう。

株価はその後下落を続け、2012年7月18日に上場来安値の120円を付けた。

東京電力ホールディングス(9501)株価チャート 出所:Yahoo!ファイナンス

チャートを見ていただければ一目瞭然だろう。

東電の株価は今もなお以前の水準に戻ることはなく、低空飛行を続けている。

 

尚、50,000株達成記念の記事では彼の取得単価は320円ほどとのこと。

仮にこの取得単価が変わっていなければ、彼の含み益は約220万円である。
率にすると10%強。現時点ではインデックスに投資した方が良いような気もしなくもない。

実際、彼はこう言っている。↓

 

ただ東京電力はこんな程度では終わらないのが追風まこと氏の予想なのだろう。
なにせ東京電力は今世紀最大のバリュー株なのだから。

 

ちなみに、彼のフォロー数はたったの10人。このうち3つのアカウントが東京電力である。

まさに東電を愛してやまない男なのである。

彼のフォローする東京電力のアカウント。パワーグリッドのみ公式認定されていないのが謎である。

 

彼のTwitterは2021年8月15日を最後に途絶えている。

CWEB全力マン氏※旧SOXL全力マン@SOXL27)のように、「おはTEPCO!+30万!」なんてツイートした方がフォロワーは伸びると思うのだが。

東京電力を追い続けるブログ「東電watch」

続けて、彼の運営するブログについても触れておこう。

それは「東電watch」というナウでヤングなネーミングセンスあふれるブログである。

東京電力のみに焦点を当てた超特化ブログのため、記事はあまり多くはない。

出所:東電watch

記事には上記ラインナップが散見された。

いやどっちやねん。

 

何れにせよ、東京電力について注目している人はブログをチェックしても良いだろう。

東電は今世紀最大のバリュー株なのか

東京電力は彼の言うとおり今世紀最大のバリュー株なのだろうか。

これについてはこちらの動画で分かりやすく解説されていた。

この動画では、東電のPER(株価収益率)を見ると割安であるように見えるが、潜在株式調整後の実質的なPERを見ると割安とは言えない可能性が示唆されている。

 

財政的には震災前の2010年より改善されているようである。

ただし、震災後に東電は資金調達として概算1兆円の優先株を発行しており、それが株価の希薄化へ繋がっている。

従って、現時点では必ずしも割安とは言えない状況である。

 

とはいえ、追風まこと氏の言う通り、長期的に見たら割安なのかしれない。

東電の株価はいつ回復するのか誰もわからない。丁半博打、正直そんな投資に見えなくもない。

 

ただそんな彼を私は応援したい気持ちでいっぱいである。

 

最後に、追風まこと氏の東電投資に向かい風が吹かぬことを願って、本記事の結びとする。

 

Enjoy!! Makoto’s TEPCO Life!!

↓応援クリック励みになります!!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。