【徹底考察】全裸は最強の節約術となるか?

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

私は常日頃から「全裸最強説」を提唱しています。

ブログやTwitterでも何度か軽く触れたことがあるかと思います。

今まではあくまでも軽く触れるのみでしたが、今回はこの記事にて徹底考察していきます。

今回は”徹底”考察です。
ワンピース最強考察的に徹底的に考察していくのです。

 

以下、私がなぜ全裸最強説を提唱しているのか、私の徹底的な考察を含めて述べていきます。

【徹底考察】全裸は最強の節約術となるか?

まず、全裸がなぜ節約へと繋がるのかを考察していきます。

私が考えるに、大きく2つが節約へと寄与します。

  1. 衣服費が掛からない。
  2. 電気代の節約

上記2点は以前から私が唱えていることですね。

もう少し深く掘り下げてみましょう。

衣服費が掛からない

全裸は書いて字の如く、全て裸です。

要は服を着ないとうことですね。

この意味おわかりでしょうか?

そうなんです。衣服費が一切掛からないということなんです。

 

ここで衣服費の平均額を見てみます。

画像出所:ECのミカタ

ECのミカタの調査によると、20代・30代の独身男性の一ヶ月の洋服代は5千円~1万円が最多となっています。

女性においては1万円~3万円が最多です。

私は男性ですので、多く見積もって一ヶ月1万円として計算すると、年間12万円もの費用が服に掛かっているということが分かります。

年間12万円、これはかなり大金です。

仮にこの12万円を配当金で得ようとすると3%の配当利回りで400万円もの大金が必要となります。

そう考えると全く馬鹿にできない金額ですよね。

 

一方、女性においては3万円×12ヶ月で36万円です。
こりゃ鳥肌が立ちますね。(寒いからでしょうか、いえ違います。)

 

全裸であれば、この10万円以上ものコストを全くのなし、”ゼロ円”にすることが可能なのです。

浮いたお金で美味しいご飯を食べてもいいでしょう。
また投資するのもよし。人生の幅を更に広げることができます。

電気代の節約

この事項についても至極当たり前のことを述べています。

全裸は電気代の節約になる。 これは常識中の常識です。

なぜかと言うと、夏はクーラーを動かす必要がありません。

 

は?じゃあ冬は?冬はむしろ暖房費かかるでしょ!!

って思ったかもしれませんが、皆さん忘れていませんか?

人類は進化する生き物ですよ?

 

以前記事にしましたが、このコロナ禍において人類はマスク人間となるのです。

これと同様の事象が全裸においても発生します。

極寒の寒さにおいて、全裸のニュー人類は寒さを感じる器官を捨てます。

まあ、慣れっていうのもありますが、寒さに慣れてしまえば暖房なしでの越冬だって可能です。

 

結果、夏は冷房不要、冬は暖房不要と、どちらも不要となり電気代の節約へと繋がるのです。

ひとり暮らしの場合、冷房費・暖房費は月2,000円~3,000円程度発生するそうです。

年間で換算すると、24,000円~36,000円です。

全裸であればこの費用を浮かすことだって可能です。

本業への影響も大きい

服を捨て、羞恥心を捨て、もう何も感じることはありません。

ここまでくればストレスだって感じません。もはや全裸の境地です。

言いたいことを言うことだってできます。

自身のスキルにも依りますが、全裸により昇進スピードを早めることができます。

なぜなら、もうなにも失うものがない。

そんな気持ちで死にものぐるいで仕事をやっていれば、いつの間にか会社での地位は上がっているはずです。

全裸は資産形成へ大きく寄与する

以上の結果から、「全裸」という最強の節約術を駆使すれば、年間最低14万4千円、下手すれば40万円近い金額を節約することが可能です。

この浮いたお金を更に投資へと充てることで、資産形成を加速できます。

本業からの入金力が上がれば更に資産を築くスピードは向上するでしょう。

まさしくこれぞ「全裸投資術」

私はこれを提唱したいと思います。

まとめ

最後にまとめです。

・服は着ましょう。

この一言に尽きます。

全裸投資術を実践して身体を悪くしてしまっては元も子もない。

医療費がかさむだけです。

全裸投資術は諸刃の剣であると、改めてそう感じたメーカー営業マンでした。

 

※私は特殊な訓練を受けています。くれぐれも真似をしないように。

↓面白かったらポチっとワンクリックお願いします!!!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。