【WiMi】WiMiホログラム・クラウドの懸念点を調べてみる

2021年1月24日

どうもメーカー営業マン(@makereigyouman)です。

先日、WiMiホログラム・クラウド(以下WiMi)について記事を上げたところ、思いのほか反響を頂きました。

まだまだWiMiについては浅く調べたのみですし、また私の未熟さというのもありますが、どうやらWiMiにはいくつか懸念点があるようです。

中国企業ということで警戒はしていましたが、やっぱり案の定そうでした(笑)

今回その懸念点について少しだけ掘り下げてみようと思います。

少しでもお力になれれば幸いです。

WiMiホログラム・クラウドの懸念点

WiMiの懸念点は以下3つです。

  • 監査法人が無名
  • 四半期報告書が上げられていない
  • HPが怪しい

監査法人が無名

まずはこれ。監査法人が無名というところです。正直言うとこれが一番の懸念点かと。

これについては会計士ケイさん(@Kei_IPOstock)がツイートしていました。有益な情報ありがとうございます。

要約するまでもないですが、簡単にいうとWiMiの監査法人は無名のため、決算内容が全て架空という可能性もあるということですね。

ただ、無名というだけでこの株危険!!投資ダメ絶対!!という判断を下すのは早いです。

その無名の監査法人をちょっくら調べてみます。

監査法人の調べ方はケイさんがツイートしていましたが、こちらのサイトから調べることができます。

調べてみると・・・はい出ました。

どうやら「Friedman LLP」という監査法人のようです。

Friedman LLP

企業名 Friedman LLP
創業 1924年
本社 マンハッタン
拠点 ニュージャージー、ロングアイランド、フィラデルフィア、北京
従業員数 710人
業務内容 公的および民間企業に会計、税務、およびビジネスサービスを提供

Valutという会社が独自にスコアリングしているランキングだと、2021年 Vault accountingで10位にランクしているようですね。

Vault accountingは会計事務所の働きやすさ等を独自でスコアリングしたもので、毎年行っているようです。

 

また、先程監査法人を調べたサイトPCAOBでFriedman LLPが監査業務を行っている会社を調べてみました。

サイト内に記載があったのは全部で272社。全て載せるのは難しいので一部掻い摘んでリスト化してみました。

※クリックで拡大

サイト内に記載があったもので一番古いもので2016年でした。

主には米国、中国企業の監査業務を行っているようです。

まあご覧の通り上場している企業は低位株(ボロ株)ばかり。また未上場企業の監査業務も一部行っているようでした。

とはいえ、複数企業の監査業務を行っていることから、全く信用できない監査法人ということはなさそうです。だからって信用できるとも言えませんが。

 

ちなみにですが、WiMiのIPO引受幹事も無名であまり知られていない企業のようです。

WiMiのIPO引受幹事は以下2社です。

  • The Benchmark Company, LLC
  • Maxim Group LLC

引受幹事についてはよく分かりませんでしたが、Maxim GroupについてはサイトのファビコンがWordpressのデフォルトアイコンでした・・・。

会社のサイトなんだからもっとしっかり作り込みなさいな。

四半期報告書が上げられていない

これもまた懸念点の一つですが、なんとWiMiの公式HPで四半期報告書が上げられていないのです。

日本の証券取引所では期限までに四半期報告書が提出されていないと上場廃止となります。延期要請が可能なため、よっぽどのことが無い限り上場廃止はないと思いますが・・・。

果たしてNASDAQでも同様のことが言えるのでしょうか。その辺りは正直不明です。

ただし、NASDAQでは年次報告書(Form-10K)が未提出で上場廃止は過去に何度かあるようです。(WiMiは提出している。)

HPが怪しい

これについてはあくまでも主観ですが、WiMiの公式ホームページがどうも怪しいんです(笑)

こちらにアクセスして頂ければと思いますが、トップページの動画なんていかにもなCGですし、作りがかなり簡素です。

まあ、まだ若い会社ですのでサイトを作り込む余裕がないと言えばなんとなく分かります・・・。

 

また、WiMiについての情報がかなり少ないんですよね。

ARやホログラフィックの動画や写真なんかがあれば製品イメージが付きやすいのですが、それを探してもなかなか出てこない。

中国企業ですから、情報が封鎖されているのでしょうか?

一部出てきた動画これ。

これがもし本当だったら素晴らしい技術だと思います。

いかにもCGっぽいですが、真相は不明です。

まとめ

  • 監査法人が無名とはいえ実績はある模様。
  • 四半期報告書が未提出(問題ない?)
  • 情報が少ない

WiMiの情報が少ないため正直なんとも言えませんが、リスクが高いということは間違いなさそうです。

ですから、今の世に出ている情報のみを鵜呑みにしてWiMiの株式を全力集中投資するのはかなりリスクが高い行為と言えます。

ゴミになっても良いと思える金額での投資をオススメします。(そもそもゴミになってもいいお金なんてありませんが)

 

P.S 監査法人について情報を教えて頂いたケイさんに感謝申し上げます。

 

※投資は自己責任でお願いします。

↓応援クリック励みになります!!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓こちらもワンクリックして頂けると泣いて喜びます。

あわせて読みたい