大手メーカー営業職 新卒4年目の昇給額公開

どうもメーカー営業マンです。

私もとうとう社会人4年目となりました。時間が経つのは早いですね。

4年目となり若干ですが昇給がありました。

新卒4年目、メーカー営業職の昇給額を公開していきます。

大手メーカー営業職 新卒4年目の昇給額公開

結論から先に書きますが、新卒4年目の昇給額は6,900円でした。

他業種と比較するのはナンセンスですが、少ねえなぁって正直思いましたね。はい。

新型コロナの影響で減額やボーナスカットなんて話も聞きますので、マシといえばマシなのでしょうか。

まぁいいでしょう。この昇給で年間82,800円年収が上がりました。(ボーナス除く)
ボーナスを4ヶ月と仮定すると110,400円年収アップです。

やっぱりメーカーといえばメーカーです。

更に弊社は完全に年功序列ですので、年収アップは限定的となりますね・・・。

ちなみに、私について詳しくはこちらをご参照ください。

メーカー営業マンの昇給額推移

社会人歴 昇給額
2年目 ¥7,200
3年目 ¥8,000
4年目 ¥6,900

なんと、4年目の昇給額が一番少ないという結果に・・・。

せめて前年の昇給額を維持してくださいな。

4年目でこの程度の上昇だと、正直モチベーションはあまり上がりません。

メーカーの昇給額なんて多分どこもこんなものでしょう。
もし就活生がこの記事を見ていたら現実を見ましょう。

国内企業の昇給額平均

企業規模別 昇給額平均
2019年 2018年 昨対比
全体 5,997円 5,934円 +63円
中小企業
(300人未満)
4,765円 4,840円 -75円
大企業
(300人以上)
6,199円 6,111円 +88円

出所:転職Hacks

全体の平均昇給額は5,997円とのこと。また大企業は6,199円でした。

弊社の昇給額は平均よりは上なんだが、欲を言えばもう少し欲しかった。

会社からの収入だけでは限界あり

今回の昇給額でつくづく思うのが、やっぱり会社からの収入だけでは限界があります。

さらに言えば、昨今のコロナ騒動でもよく耳にしましたが解雇リスクも当然あります。

何が言いたいのかというと、会社からの収入だけでは限界がありますし、一つの収入源だけではリスクが高すぎるということです。

この問題を解決するにはどうしたらいいのかと言うと、答えは簡単です。

収入の複線化をすればいいのです。

収入の複線化で会社依存度を下げる

複数の収入源を確保すれば会社への依存度を下げることは可能です。

インターネットが普及した現代では収入の複線化はめちゃくちゃ簡単です。

私が思いつく限りを列記します。

  • ブログ
  • YouTube
  • ウーバーイーツ(配達員)
  • せどり
  • WEBライター
  • イラスト制作
  • データ入力
  • 投資
  • ・・・etc

すぐに安定した収入を得ることは難しいですが、あの手この手で収入を得ることはいくらでも可能かと思います。

例え安定した収入でなくとも、月数千円、数万円と積み重なれば多少なりとも生活は豊かにできます。

倹約で資産形成を

ブログや投資からの収入のみならず、私は倹約をすることで資産形成のスピードを加速させています。

具体的には下記を実施しています。

詳細は下記記事をご参照ください。

倹約で億万長者になった「本多静六」の言葉も身にしみます。↓

引く続き、倹約で浮いた資金を投資へと充て資産を雪だるま式に増大させていきます。

 

Enjoy!! your investment Life!!

↓ワンクリックして頂ける泣いて喜びます(嘘)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

あわせて読みたい